AR鳥獣戯画とは

1200年前に描かれた日本最古の漫画と云われ、現代の漫画のルーツとされる京都栂尾山高山寺の鳥獣戯画甲巻。そこに登場するウサギやカエルやサルたちに、そのままの姿で立体アニメーションを施した、世界初の高山寺公認のAR(拡張現実)アプリです。

本アプリでは特定の印刷物にかざすだけでARの3Dデータを特定してそれをカメラ映像に重ねて表示しますので、実際の風景の中で動いている立体キャラクターを楽しむことができます。
cap1cap2cap3

AR鳥獣戯画の遊び方

今回、AR化に当たって、日本人なら誰でも知っている甲巻を選びました。

幅30cm、長さ12mという絵巻の全巻を通じて主だったシーンを立体アニメーションとして表現、AR化によってスマホやタブレットで簡単に楽しめるようにしました。

全編を見るには原寸の複製絵巻か経本折りの複製本が必要ですが、サルプル台紙を用意しましたのでダウンロードしてご利用ください。

お手持ちのスマートフォン、タブレット端末を用いてApp Store あるいはGoogle Playにアクセスし、アプリケーションソフトをダウンロードしてください。ソフトは無料です。(ダウンロードや利用にかかる通信費用はご自身の負担になります。)
サンプル台紙をダウンロードして印刷してください。
アプリを立ち上げて、印刷したサンプル台紙にかざしてください。
簡単なサンプル立体アニメですが元気なキャラクターの姿が確認できます。

app-icon-archojugiga150

appstorgoogleplay

[制    作]

江口事務所合同会社+ABXプロジェクト

[制作スタッフ]

プロデューサー

江口克則

ディレクター

渡辺珠代

チーフ・エンジニア

江口桐土

チーフ・アニメーター

今井とーる

アートディレクター

佐藤勝(マノクレア)

ライター

高階経啓(LENS)